脚長差と重心

脚長差は以前の
ブログで度々書いていますが
本日はこの脚長差と重心について。

脚長差とは
足の長さの差があることですが
これにより左右の体重の乗り方が
かわってしまいます。

多いパターンが
足の長い方に体重が乗る事ですが
逆のパターンもつい先日1名発見しました。

1名紹介・・

上の写真の方は
左が6mm短い方です。

見事に右側のほうが5kg程重たくなっています。

そして右側の腰(お尻)に痛みがでています。

このように・・・

腰から下に関しては
体重がのるほうに痛みはでやすい傾向が
あります。

とここまで悲観的に書きましたが
脚長差を補填して挙げれば
痛みは改善し予防することはできますので
長期間の痛みがある方は
是非一度ご来院して
脚長差のチェックをしてみましょう。

つい先日
ソールの販売店契約をして
お求めやすくなりました。

来院された際には
1mm単位で調整させて頂きますね。

関連記事

  1. 昨夜の勉強会テーマは「骨盤底筋」

  2. 在宅ワークで不調が出ている腰を手遅れにしないためのピラティス…

  3. 短くなった気がしますが・・だからこそ!

  4. 不調をへらすために・・スタイルを崩さないために・・

  5. クレアライフは充電中ですが・・

  6. 反った際の腰の痛み💦運動療法実践編

最近の記事 おすすめ記事