筋膜を学び思った事

先日お伝えしましたが
本日は
筋膜の勉強会に行って参りました。

※実技セミナー中写真無しな事もあり
今回は一枚も写真ありません・・

今回は自律神経筋膜との
関係性を学び
冷えや神経症状に対しての
アプローチを学んだのです。

整骨院では
怪我の診療がおおいのですが

世間一般的に
とっても多い冷えやシビレの悩み・・・

特にシビレに関しては
整骨院の患者さんでも
多く見られます。

シビレや冷えを
メインの目的として施術する事は
少ないのですが
意図せずして良くなることはありました。

そんな
今までなんとなく
良くなっていっていたものが
理論立てて理解された事は
大きな収穫でした。

筋膜への施術はまだまだ
慣れない事もあり
練習では四苦八苦しましたが
最後の最後でやっと
コツを掴んできたというところです。

※私の手や肘を動かす
ストロークが狭く
筋膜の動きを出すに至っていなかった・・

早速明日より
クレアライフで本日の学びを
還元していきますね!

最後に

当たり前ですが
学ぶ事はとっても大事だと思います。

というのも今回学んだ
筋膜の存在は10年前から
知識としてありましたが
10年前と今では情報が
全く違いますし
考え方も年々刷新しています。

もちろん根幹となる基礎は変わりませんが
身体の事はまだまだ解明されていない事が多く
だからこそ
常に学び続けていかなければ
現場で最高の結果は出せないのだろうと思います。

2020年の外部勉強会はこれで終了です。
今まで講師をして頂いた皆様
共に学んだ皆様ありがとうございました。

2021年もともに学びあい
関わる方を元気にしていきましょうね!

関連記事

  1. 自転車に乗っても痛くありません!

  2. 改めてクレアライフ整骨院でやっている事!

  3. サンデーブログでお送りします

  4. 走る能力を上げるためのピラティスアプローチ

  5. 実はシンプル・・

  6. リアル×オンライン