ソール装着した後日談

先週に2回
話題に登った脚長差ですが
本日はその後日談を紹介します。

おさらいになりますが
本日紹介するUさんは
下の写真ように歩行時
右足が地面についている時に
重心が大きく右にずれていました。

その結果
右の股関節の外側に痛みが出ていると予測し

すると・・・
次の写真のように身体の傾きが緩和しました。

ここまでは
先週のブログでもお伝えしました。

このUさんですが
ソール処方1週間後で来院され
調子を聞いて見ました。

すると・・・

「嘘みたいに痛くないです!」

でも・・・

「膝の上が重たいです💦」とおっしゃいました。

まず脚長差が動きを変え
痛みの原因となっている場合
ソールを装着することで
痛みの緩和に大きく貢献することが
いえると思います。

そしてもう1つ
脚長差を整える事で
今までと違った身体の使い方をします。

これはいい事なのですが
それによって
今まで使っていない筋肉、関節を使い
違和感を生じさせることがあるという事です。

脚長差を修正するのは大切です。

プラス

整えられた動きに適応する
体の使い方、筋肉の使い方の学習も
大切だと思います。

それでは

脚長差がある方は
ソールによる修正

そしてピラティスによる動きの学習に
励んでいこうと思います!

関連記事

  1. やっぱる侮るなかれ脚長差!

  2. 動きを鍛える

  3. 晴れた日曜日は歩こうよ!って事でしょう

  4. ピラティスを継続すること。リアルの声をご紹介!

  5. 好きだけど・・・好きゆえに・・時に休もう

  6. 夏休み感が出たオンラインレッスン

最近の記事 おすすめ記事