動きを鍛える

今日は久しぶりの
生馬選手紹介です。

WorldAC所属の生馬選手は
東京パラリンピック目指し奮闘中です。
肩の大怪我をしてから
一時期は練習ができない
大変な状況が続きましたが
現在は元気にトレーニングに
励んでいます。

現在クレアライフで行っている事は

ローラーを使った運動

そして
ピラティスマシーンを使った運動です。

上半身特に腕の力が発達している
生馬さんはどうしても
腕の力に頼りがちです。
そこで動力源である
体幹そして背骨を
使えるようにするために
励んでいます。

つまりトレーニングは
筋力UPではなく
柔軟性のUPでもなく
良い動きを鍛える目的で
行っています。

この良い動きを鍛えるという観点は
なにもアスリートに限らず
運動を生業にしていない方にとっても
とても大切な考え方です。

それは良い動きができないから
肩が痛くなり
首が痛くなり
腰が痛くなり
体型も崩れていくためです。

ブログを最後までご覧の皆様も
生馬さんと同じように
動きを鍛えて
動きを鍛え続けて
健康を生涯に渡り
保っていきましょう。

それでは
今日はこの運動を
行いましょうね!

※運動中痛みを感じる際は
すぐに運動をストップしてください。

関連記事

  1. 集まれアスリート!

  2. 「なおす」ということ

  3. 走ってきました!Jフィールド

  4. 小さなお子様がいらっしゃるお母様へ

  5. これは何のときに使う道具か分かりますか?

  6. 玄関を見ると・・