その痛み・・運動してもいいのでしょうか?

あまり運動をしていない方も
たくさん運動をしている方でも
それぞれ一定の強度を
超えて運動すれば
痛みがくる事は
時にあると思います。

痛みの評価はそれぞれで
むずかしいのですが
多少の痛みですと
軽く運動をして血流を
良くした方が
早く改善する場合もあります。
逆に運動をして
痛みが悪化する場合もあります。

この差はとても大きいのですが
自身である程度判断できる事は
楽しい毎日を送るために
必要だと思いますので
今日は痛みがある際に
アクティブレストを入れた方が良いかの
簡単なチェック方法を
紹介します。

① 痛みを感じる

自分で感じられるMAXの痛みを
想像してみてください。
※これはこれで難しいのですが・・
その痛みを10として
半分の5以上の痛みを感じる場合は
何かしらの処置をしたほうが
良い可能性が高いです。
痛みが強い場合は
動きたくないと思いますので
この評価は知らなくても
自身で行っていると思います。

② 炎症症状はあるかどうか?

痛い場所が腫れる、赤くなる
熱くなるなどの
炎症症状が起きている場合
運動すると間違いなく悪化します。
医療機関に行きましょう。

③ 痛い場所はどこ?

上で上げた痛みレベルが
5以下の方でも
痛みが骨や
腱(アキレス腱などの筋肉の先のほう)
靱帯(関節付近)にある場合
運動をする事で痛みが出る事が
ありますので要注意です。

以上3つの要素をクリアし
痛みが出た運動強度より
運動を落として行い
痛みがでない場合
もしくは痛みのレベルが
上がらない場合は
運動を行ってもいいケースが
多いです。

しかし心配な場合や
運動を行い痛みが悪化した場合は
すぐに運動を中止して
医療機関を受診してくださいね!

関連記事

  1. 夜な夜な

  2. 膝痛と歩き方

  3. 七転び八起き

  4. 大切なの事は筋温を上げる事

  5. 最善

  6. いよいよ新年度突入!