暑さがぶり返したのでもう一度!熱中症対策

秋のような気候が数日続きましたが
台風の影響か・・・

見事に暑さがぶり返しました。

今週末に試合がある
スポーツ選手は多いと思いますので
熱中症対策は必ず行いましょう。

では熱中症対策に何をすれば良いのでしょうか?

以前ブログで数日にかけて
発表しましたが覚えていますか?

覚えるいる方は
このページは閉じて次の行動に
とりかかりましょう。

まずミニ知識として・・・

体内の水分量が1%落ちると

なんと・・・

腕立て15秒全力で行うくらい心拍数が上がります。

つまり水分脱出で身体には
相当な負担がかかり
パフォーマンスは間違いなく落ちます。
こまめな水分補給は必須だという事です。

ではいつから水分補給すればいいのでしょうか?

 

それは・・・

アップをする前からです!

500mlペットボトルの水分を吸収するには
50分の時間がかかります。

ですので
アップをはじめてから水分を摂取しては遅いのです。

移動中から水分補給を開始するくらいの
速さでよいと思います。

※補足:前日でもいいので
牛乳を飲んでおくと牛乳内の
アルブミンというたんぱく質が
血中の水分量を上げてくれるので
熱中症対策におすすめです。

さらに試合後仮に体重1キロが落ちている場合
それはイコール水分の脱出と考えてよいので
1キロの体重減少あたり1.5Lの水分を摂取しましょう。

そしてスポーツ前後、スポーツ中の水分補給は
スポーツドリンクが基本ですよ!

仮にこれが連戦の場合
次の試合のパフォーマンスを決定づける大きな要因となります。

さらに・・・

熱中症対策は水分補給だけではありません。

流れた汗を乾かす事が体温を下げるために
とっても大切なのです。

基本①インナーは着ずに通気性のよいものを着ましょう。

重ね着は厳禁です。

 

基本②汗をふきましょう!

ハーフタイム中などは
汗をしっかりタオルでふきましょう。

基本③肌を露出させましょう。

可能ならハーフタイムは
上半身裸ですごしましょう。

長い靴下の場合
靴下を下げて肌をあらわにしましょう!

基本④全力であおぎましょう

ハーフタイムなど休んでいる時は
全力であおぎ汗を乾燥させ
気化熱で体温を戻しましょう!

体温を戻す事は
後半の足つり対策にも重要ですよ!

それでは明日、明日と日中プレイする方は
この状況でもハイパフォーマンスを出せるように
やるべき事をしっかりやっていきましょう!

関連記事

  1. LとR サンデーブログでお送りします

  2. どこを見るか?

  3. グルグルダンス・・

  4. そして今日はアスリートピラティス!

  5. 綺麗に歩く事は身体にとても良い事です。

  6. 大切なの事は筋温を上げる事