筋肉の鎧?

筋肉の鎧?

スポーツ傷害を予防するには
スポーツ傷害をしないための
能力が必要ですが
もちろんその中には
筋肉も含まれます。

筋肉は骨を動かし
関節を動かす大切なものですが
この筋肉をつける事で
関節が守られるかといえば
そうではありません。

例えば膝関節を例にあげて
大腿骨に対してその下の
脛骨という骨が前方に滑っていく頃を
制限する力を考えます。

ではこの制限は身体の組織の
何によって一番制限されているかというと

それは・・

前十字靭帯という靱帯になります。

そしてこの靱帯が制限している割合は

なんと・・

90%以上!

つまりその他の制限因子すべてが
仮に筋肉であったとしても
筋肉を鍛えたところで
関節の安定性は10%も上がりません。

つまりやみくもに
筋トレしても怪我の予防には
ならないという事です。

※ちなみに脛骨が前方に滑っていったら
最終的には前十字靭帯断裂します。

では筋肉を鍛える事が無意味かというと
そうではありません。

怪我をしないような動きをするための
適切な筋肉の鍛え方をして
良い動きを鍛えていけば
スポーツ傷害のリスクは減るのです。

前十字靭帯損傷でいえば2週間程前の
ブログで紹介した

この写真の動きがおこらないように
鍛えていくのです。

それではこれから
新チームになり
身体を変えて行こうというあなた!
やみくもに鍛えずに
動きを鍛えるような
筋肉の鍛え方をしていきましょう!

クレアライフでは
ピラティストレーニングという
まさしく動きを鍛えるトレーニングを
行っています。

ご興味ある方はお気軽に
お問合せくださいね!

関連記事

  1. いっぱい・・・

  2. 今日はスペシャルレッスンの日!

  3. 仰げば尊し

  4. サンデートレーナーブログでお送りします

  5. 最後の大会に向けて

  6. 試合終盤で粘るために・・・