ローラーに立てるかな?

アスリートピラティス終了後の一枚です。

すべての方ローラーに立って
しかもポーズを決めて写真撮影しています。

素晴らしい!

アスリートピラティスではよく
ボディチェックの際にローラーに20秒立って頂きます。

ローラーに立てるという事は
下半身に対して上半身がのり
そして頭ものっているという事になります。

つまり軸の伸びた姿勢がとれているという事です。

そしてこの写真を見ていると
皆様ニンマリして撮影しています。
集中しているようにも思えません。

つまりあまり意識しなくとも立てているという事です。

これがピラティスの最終目標である

「無意識下での良い動きを獲得する」事です。

この無意識化での良い動きを獲得するためには
良い動きを反復して行う事が大切です。

そして無意識化で良い動きを行えるような
環境設定が大切です。

これらを行うのがローラーピラティスなのです。

今後もこの4人はしっかりフォローしていき
よりハードワークができる身体作りをして頂こうと思います。

小学生、20代、40代2人

この多様性も最高ですね!

いつもありがとうございます!

 

関連記事

  1. 診療スタート!

  2. 根本解決のために

  3. サンデーブログでお送りします

  4. 5年保証の道

  5. サンデーブログでお送り致します

  6. 筋トレでは変形性膝関節症は予防できない!