脚長差による腰の痛み

先日来院のYさんの
腰痛はなかなか手強く
施術後はよくなってもその後
痛みがぶり返す事を繰り返していました。

根本原因に辿り着いてないわけで
なにかないかな~と
もう一度評価をしてみると
思わぬところに原因となるかもしれない
ネタを発見しました。

それは・・・

脚長差です。

脚長差とは足の長さの差です。

上のチェックは脚長差の評価の
1つですが
あともう3つ行い
脚長差がどのくらいあるか探っていきます。

最終的には
実際かかとにパッドを当てて
前屈してもらったり
実際歩いてもらったりします。

Yさんは
パッドを踏む前が

👆写真くらいの前屈可動域でしたが
パッドを装着すると

あきらかに可動域が変化しました。

もちろん痛みの変化もあり
6ミリの脚長差として
パッドを入れてもらう事になりました。

たった6ミリと思うかもしれませんが
6ミリの影響はけっこう大きく
姿勢、動き、歩きすべてに
影響を与えます。

短絡的にこれでOK!とはいえませんが
次回来院の際腰の調子をうかがって
根本解決に近づいたか
チェックしていこうと思います。

痛みがなかなか
ひかない腰痛をお持ちの方へ

その痛みひょっとしたら
脚長差が原因かもしれませんよ!

関連記事

  1. ○○○ノマスク

  2. 切磋琢磨

  3. 体調を崩されている方が多い気が・・

  4. 捻っていますか? 捻るピラティスをしよう!

  5. 2018年最終日!

  6. 試合

最近の記事 おすすめ記事