肘だけではない!

肘の痛みで悩んでいる
やり投げ選手を診ています。

やり投げを本格的にはじめて
1年ちょっとでしょうか?
持ち前の身体能力とガッツで
メキメキと頭角を現しはじめたところで
肘の怪我を発症しました。

怪我は残念ですが
やはり
怪我をするには原因があります。

その原因を潰していく事は
今後の怪我の予防だけでなく
パフォーマンスアップにも関与すると思います。

もしそんな選手が
ここまでこのブログを見ていたら
是非前向きに怪我と向き合って欲しいと思います。

この少年のウィークは
振りかぶった時に
動作がはまらない場合
右肘が下がり負担をかけてしまう事でした。

ではこの状況になる原因はというと・・・

シンプルに肘が落ちる局面で
力をうまく伝達できていないから
いい姿勢、いい動きができていないという事です。

逆かもしれませんね・・・

いい姿勢、いい動きがとれていないから
力の伝達がうまくできていないという事です。

そこで取り入れた
エクササイズがこれです。

このフォームは上手く決まった時です。

しっかり左足で軸がとれ
体幹が使えて胸(胸椎)がきれいに
まわっています。

対して・・・

崩れた時です。

ついている膝でローラーを
とらえる事ができずに
体が左へ傾いています。

すると胸はまわらずに
体を胴体ごと傾ける形になります。

このフォームだと
右肩は上がらずに
結果肘は下がっていまいます。

本日はやり投げを例に出していますが
それぞれの怪我には
それぞれの原因がございます。

是非クレアライフで
痛みの根本解決をしませんか?

お身体でお悩みの方は
086-239-5353までご連絡ください!

 

 

 

関連記事

  1. 肩甲骨を寄せればいい!は不調のはじまり・・・ピラティスで改善…

  2. 走ってきました!Jフィールド

  3. 眠りにつく前に・・

  4. 出来る事の有難み Tashiro’sブログ

  5. 不調をへらすためのピラティス~背中を緩める編~

  6. バースデーソックス Yuka’sブログ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 只今充電中!

    2021.09.22