痛みは放っておかないで・・・

数か月前に来院の
バスケ少年Y君は
脊椎分離症という
腰骨の疲労骨折の疑いがあったため
病院に行って頂きました。

結果・・・

分離症で
数か月部活から離脱する事となりました。

よくあってはならないですが
よくある話で

腰の痛みは放っておいた結果
疲労骨折にいたってしまったのです。

そこから1か月
クレアライフ整骨院に
お母様が来院し話をしたところ
もう復帰しているとの事でした。

ここで「おや!」と思いました。

というのも

腰椎分離症の場合
初期症状でも最低2か月の
固いコルセットによる固定が
必要です。

復帰までが異常に早かったのです💦

そこで・・・
復帰早くないですか!?と尋ねたところ

分離した腰椎がくっつく見込みがなく
痛みがないため復帰したとの事でした。

腰椎分離症は
初期、進行期、終末期の
3ステージがあります。

初期だったら90%以上の確率で
くっつくのですが
進行期だと65%くらいまで
くっつく確率が低下して
終末期だとくっつく見込みが
ありません。

Y君は終末期でした・・・

もちろん痛みは改善しますが
やはり本来くっついているはずの
骨が分離している事は
腰にリスクをかかえる事になります。

今後は
腰にストレスをかけないよう
体幹の強化、胸、股関節を
柔らかくしていく事は必須となります。

しかしながら・・・

やはり・・・

痛みが出現した際
勇気をもって休む事
そして医療機関にかかる事が大切だと
今回の経験で改めて思いました。

特に骨が出来上がる
学生時代はこのような事は
本当に多々ございますので
ブログをご覧の皆様やその周りで
同じような状況の方が
いらっしゃったら
医療機関を受診する事をおすすめください。

関連記事

  1. 改めて・・その怪我は待った方がいい!

  2. ほのぼの・・ Tashiro’sブログ

  3. ルネッサ~ンス。サンデーブログでお送りします

  4. サンデーブログでお送りします

  5. 3.2カ月・・ 1年・・ 否 先手

  6. Change your attitude to positi…

最近の記事 おすすめ記事