好きだけど・・・好きゆえに・・時に休もう

月曜日は
捻挫や肉離れの患者さんからの
電話が多い日です。

というのも

土日によく開催される試合は
怪我の発生率が
練習と比べて上がるからです。

それは
一生懸命やるからであり
仕方ありませんが
やはりそうはいっても
リスクを最小におさえる事は大切です。

本日はこの
リスクの押さえ方
シニアアスリート版を紹介します。

シニアアスリート必見です!

ここでシニアの定義を35才以上としましょう。

シニアアスリートに
共通していることが
やっている競技がとっても好きだ!という事です。

これ間違いありません。

クレアライフは
シニアアスリートがよく来院されますが
特にサッカー選手が多いです。

この方々は
本当にサッカーが好きで
練習も試合もやっています。

そしてそれだけでなく
チーム以外での練習
フットサルなど多くの場所で
やっている方が多いです。

部活か!と時に
突っ込みたくなりますが
それくらい好きなのです。

これはこれでいいのですが
悪い方向に働いてしまう事があります。

それがオーバーワークです。

やはりシニアだけあり
回復力は学生時代のようにはいきません。

そんな中
週3回、4回、5回と
プレイしてしまうと
疲労がたまっていきます。

蓄積された疲労によって
筋肉のパフォーマンスを失い
ブチッ!!とあるわけです。

結論

好きゆえに

好きだからこそ

長く競技をやるために

疲労を感じたら

休みましょう!!

関連記事

  1. 身体を学んでいこう!

  2. バスでご来院のTさんの物語

  3. 結果を出すなら日常から・・

  4. ギックリ腰が多いこの秋を楽しく過ごすために

  5. お母さんの夏休み

  6. リニューアルオープンKBR体操

最近の記事 おすすめ記事