サッカー後半戦から訪れる腰痛症

最近診ている
シニアサッカー選手ですが
後半戦になると
背中と腰の痛みが訪れて
体を起こすこともつらくなる・・という
症状でした。

まず打った、捻ったの怪我ではないので
サッカー中の動きによって
積み上げられる腰と背中の
ストレスが痛みを引き起こす原因であることは
間違いありません。

そこでこの方の
姿勢と動きを見ていくと
まさしく・・・

このような姿勢でした。

背中が固くなり
胸の高さ位までは
反っていきますが
背中は丸く頭が前に出た姿勢です。

この姿勢は
胸郭という肋骨、背骨、胸骨で作られた場所の
動きが著しく悪くなります。

※上図の肋骨と赤字で書かれた場所だと思ってください。

この場所は特に動いて欲しい場所なので
動かない事によって
腰や首に非常に痛みが出やすくなります。

そこで背中の緊張を落とし
体幹のスイッチを入れて
さらに背中を緩めていったところ
3回目の施術で
後半戦の痛みは改善しました!

しかし
試合翌日の痛みがまだ出ているようで
もう少し工夫していく必要が
あるとも感じました。

このように
打った、捻ったの記憶がなく
痛みが出る場合は
姿勢と動きが痛みの原因となる事が
ほとんどです。

同じように後半戦に
痛みが出る方は
是非次のエクササイズを行ってみてください。

 

それでも・・
痛みが改善しないようでしたら
クレアライフにお越しくださいね!

関連記事

  1. 振替休日2018年ラストブログでお送りします。

  2. マラソンを走る前に

  3. Do it yourself.

  4. サンデースタディブログでお送りします。

  5. 競技を長く続けるために・・・ Tashiro’s…

  6. 復活!そして継続するためには・・