○○をやると腰痛が改善するという単純な問題はなかなかない。

【○○をやると腰痛が改善するという単純な問題はなかなかない。】

整骨院の現場に立っていると
よく質問されます。

○○体操をやっていれば
腰がよくなるっていってましたが
本当ですか!?

むくみには
ふくらはぎを伸ばすといいと
テレビで言っていましたが
本当ですか!?

膝の痛みには
〇〇〇〇ミンを飲むのといいと
聞きましたが本当に効きますか!?

すべてが
正解ではないと言えませんが
すべて
不正解ともいえます。

【そんなに身体は単純ではない】

上の質問は
すべてが不正解ではございません。

というのも
上の質問で上がった内容は
大なり小なり効果が期待できるので
商品となったり
メディアで話題として
取りあげられるわけで
結果が出る方が0ではないからです。

しかし
これらが
皆が皆に当てはまるかといえば
そうではありません。

なぜでしょうか!?

それは私達の身体は
個体差が非常に大きいものだからです。

画像2

大きい人もいれば小さい人もいて
胴が長い人もいれば短い人もいる。

左右差が大きい方もいれば
そうでもない方もいて

左右の使い方に差がある方もいれば
そうでもない方もいる。

これは身体の中
内臓においても然りでしょう。

ですので

腰痛には○○

膝痛には○○

高血圧には○○という

1+1=2のような
皆に当てはまる絶対解を
出す事は難しいのです。

【疑う事からはじめてみよう!】

上のような短絡的な
情報に惑わされないようにするために
大切な事が

聞いた情報を
疑ってみることです。

斜に構えた感じで
人によってはえ~~そんなの嫌だよ・・と
思うかもしれませんが
これとっても大切な事です。

疑うとは
自分の頭で考えるという事です。

その情報はほんとかな~と
思ったらグーグル先生に聞けますし
私達のような専門家にも聞けますし
今でしたらリサーチは
いくらでもできるでしょう。

※情報をどこからとるかは
とっても大切ですが・・・

そして
そのうえで自分の頭で
考えていくことが大切では
ないかと思うのです。

逆に

疑わないとは
清く言えば
信じる事ですが

清く言わなければ
自分の頭を使わない
他人のいう事に流されるという事だと思います。

ですので

疑ったうえで
検証しやろうと思えば
やればいいですし
そうでない場合は
やらない方がいいと思います。

では実際試す際の注意点を
最後にお伝えして
この記事は終わりにしようと思います。

【試す際の注意点】

疑い自分の頭で
考えるうえで大切な2つの
ポイントをご紹介します。

それは・・・

画像3

・リスクのない事
・お金のかからない事

この2つの条件を満たすことです。

この2つの条件が満たさない場合
もしくは
どちらか1つしか
当てはまらない場合は
やらないか
その道のプロに聞くべきだと思います。

そして実行したものの中で
自分の体で良い!という
実感があったものを継続していきましょう。

【まとめ】

いかがでしたか?

体はよくする事には
簡単な答えにすぐすぐ
飛びつかない方がいい事はご理解頂けましたか?

極論をいいますと
体の違和感に関しては
その道のプロの聞くのが一番です。

また情報に関しても
信頼おける専門家に
尋ねる事が一番です。

e-Lifeのnoteでは
事実に基づく情報を
お届けするように努めています。

最後までお読みの皆様で
体の不調を中長期に渡って
予防したい方は
是非このnoteは毎回チェックして
頂ければと思います。

そんな情報の中から
運動動画を下のラインに
お届けしています。

体の不調を整える運動をしたい方は
是非以下のラインにご登録を!

画像1

関連記事

  1. 痛かったらするのよね〜

  2. 歯の健康はとっても大事!!

  3. 江西小学校セミナーの話しです!

  4. コロコロして筋膜はゆるむ?

  5. 始動!!

  6. サンデーTashiro’sブログでお送りします

最近の記事 おすすめ記事