最近足のスポーツ傷害をよく見ます。

特にシンスプリントという
すねの内側が痛くなるスポーツ傷害です。

この原因には
環境要因と内的要因の2つがあります。

環境要因には
走りすぎる状況や
固い地面で走り過ぎなどあります。

選手自身でコントロールできないところもあり
監督、コーチの手腕が問われるところでもあります。

そしてもう1つの内的要因には
姿勢が悪い
上手く身体が使えない

足のアーチがない!などが挙げられます。

今日は足のアーチについて。

足のアーチは
成長の過程で育まれていくものです。

しかし最近は足の刺激が
靴文化により減少し
かつ軸のつぶれやすい生活な事も重なり
アーチが低い選手(人)はとても多いです。

構造的にアーチが低くなってしまった分には
仕方ありませんが
このアーチは筋肉の力により
現状より良くなる事や
動きの中でアーチを潰さない動きを獲得する事はできます。
そこで

今日チェックしてほしいのが
自分の重心が前方にあるか?という事です。

よくある軸のつぶれた不良姿勢は

このように骨盤が前方にでる
スゥエイバック姿勢です。

この姿勢は重心が後方になります。
すると

これらアーチを作る筋肉達が
働かなくなってしまい
アーチを潰しやすくなってしまいます。

やはり軸のつぶれた姿勢は
百害あって一利なしです。

重心が後方にあるな~と思った方は
次のエクササイズを行ってくださいね!

軸を伸ばすトレーニング

関連記事

  1. 喜んで残業・・

  2. ちょっと裏話し and ちょっと嬉しい話し

  3. サンデーやる気満々ブログでお送りします

  4. サンデーブログでお送りします

  5. 手書きのメッセージ Tashiro’sブログ

  6. 不調をへらす Yuka’sブログ

最近の記事 おすすめ記事