良い姿勢をとりなさい!?

姿勢と動きが
スポーツ傷害や腰痛症、肩こりを生む事は
このブログで何度もお伝えしていますね!

では姿勢が明らかに悪い少年、少女に

「良い姿勢をとりなさい!(ましょう!)」という

アドバイスは怪我の予防に良い効果を発揮するのでしょうか?

 

これは

半々だと思いますが

姿勢や動きに対しての知識がない方には
得てして悪い結果を生む可能性は非常に高いです。

それは

意識的に良い姿勢をとらせたときに

過度に背中、腰が反ってしまうケースが多いからです。

そしてこの過度に背骨が反った姿勢は
動きが極端に悪くなります。

これは実験すればすぐ分かります。

何も考えずに身体を捻るのと
反ってから身体を捻るのでは
明らかに反ってから捻った方が
動きが悪くなるのでやってみてください。

ですので良い姿勢を作ってもらうには
良い姿勢を作る準備をしたうえで

作っていかなければ
そのアドバイスで怪我が助長してしまう可能性があります。

そこでやっていく事は
昨日もお伝えした・・

背中を緩めるエクササイズと

軸をきれいに伸ばし良い姿勢を作るエクササイズになります。

これらを丁寧に質高くやっていくと
エクササイズ後は無意識でも
軸の伸びたかつ背中が反りすぎない姿勢に変化します。

 

特に競技中は姿勢の事など考える余裕はないと思いますので
是非これらの運動をアップにいれて
良い姿勢を作ろう!というアドバイスを
しなくてよい状況を作りましょう!

関連記事

  1. 継続は力なり・・ 否 継続こそが力なり

  2. さすが・・・KING

  3. ほんとうに多い競技中以外の怪我

  4. テニス好きのテニス肘

  5. トレーナーズディスカッション

  6. サンデーブログでお送りします