腰を守るためのおススメの2つ

本日は腰が痛くなる人が
多いこの季節を受けて
中長期的に腰を守るための2つの方法を紹介します。

極論をいうと

同じ体勢でい続けない事

同じ動きをし続けない事

この2つとなってくるのですが

今日はここから踏み込んで

腰の変形がおきないようにするために
2つの方法を紹介していきます。

まず1つ目は

①仰向けで寝て休憩する時間を作る

 

腰骨と腰骨の間には
椎間板というクッションがあり
立っている時

そして特に

座っている時は

絶えずこのクッション(椎間板)に圧迫の
ストレスが加わり水分量が減っていきます。

するとクッション(椎間板)の変形がおき
腰の痛み諸々を誘発します。

代表例がヘルニアでしょう。

この状況にならないために
クッション(椎間板)の休憩時間が
必要なのですが
それが仰向けで寝る事なのです。

デスクワーカーの方でお昼に
仰向けになれる環境そして時間があったら
5分でも仰向けで瞑想する事をお勧め致します。

 

②早歩き

先ほどと同じ流れなのですが

これもクッション(椎間板)を守るために
有効なのです。

早歩きになると
ストライドが自然の広がり
骨盤の動き、腰骨の動きが活発になり
それがクッション(腰椎)の機能を
改善させてくれるのです。

諸説ございますが
統計をとるとくしくも

20分程度の早歩きがいいのではと思います。

しかしこれは確かなものでもないので

歩くチャンスがあれば
早歩きをする!この作戦でいいと思います。

それでは
今月の腰痛予防もですが
中長期的な腰痛を防ぐためにも

仰向け&早歩きは実践してみてくださいね!

 

関連記事

  1. 気忙しい・・時こそ

  2. 目の前の勝利より・・

  3. この時期の身体作りの一環として

  4. サンデーリカバリーブログでお送りします

  5. ず~~っと座っている方へ

  6. 何回も捻挫している方へ・・