肋骨を前から触ってみましょう

今日ご来院の
サッカー青年Sさんは
左の股関節痛でご来院されました。
過去に左膝の
後十字靭帯も部分断裂していて
しっかりケアをしていく
必要がある方でしたが
若さの勢いで今に至り
左の股関節痛が出現しています。

 

左足を上げると
股関節前方に痛みが
でる状態で
今回の症状はなかなか
大変ですが
この痛みがおきている
原因を紐解いていくと
身体の歪みからはじまっています。

 

左右の肋骨を前から触ってみると

左の肋骨が
ご自身で触っても
前方にある事がわかるくらい
前に出ていました。

これは
胴体が左に回旋している状態で
相対的に
骨盤は右に回旋し
捻じれている状態となります。

こうなってくると
股関節の歪み
結果左の股関節が
痛くなったのでした。

Sさんには
固くなっている筋肉を
緩め股関節のポジションを
良くする施術と
身体の歪みをとる
運動をご紹介し
来週再度ご来院する事となりました。

Sさんのように
痛みの原因は身体の歪みから
くる事はひじょうに多いので
写真のように肋骨を触って
どちらかが前に出ている方は
次のエクササイズを
行っていってくださいね!

関連記事

  1. 待合にある気になるPOP

  2. 昔のアメ車

  3. 膝痛と歩き方

  4. みんなで予防のサンデーブログ!

  5. 気付きがたくさんのこのマシーン

  6. 筋肉の鎧?