筋膜のアプローチ

クレアライフ整骨院は
月1回約1年弱筋膜の勉強会に
参加しました。

おかげで
筋膜へのアプローチが
現場にて活躍しています。

筋膜という言葉は
専門家でなくとも
今では知っている方も多いですが
なんでもかんでも
筋膜〇リースという言葉に変換されている
感じがします。

筋膜を本気で緩めようと思ったら

※正確に言うと
緩めるではなく滑走性を出す

それなりの圧で
長時間摩擦熱を加えなければなりません。

ですので
言葉では簡単に筋膜〇リースといえますが
実際〇リースするのは大変です。

※筋膜〇リースと書いているのは
この言葉商標登録されているため。
そして私達が学んだものが
違う名前のため。

そして患者さんにも
そこそこな負担がかかります。

写真を撮らせて頂きましたので
その様子をご紹介します。

ちょっと笑っていますが
けっこう痛いのです💦

このようにクレアライフでは
日々効果の高い
筋膜のアプローチをしていますが
もちろんこれだけでは
痛みの根本解決は致しません。

やはり最終的には
自分で姿勢と動きを整える
エクササイズが必要となります。

というわけで本日も

筋膜+ピラティスの二刀流で
励んでいこうと思います。

 

関連記事

  1. パワーポジションのためのアスリートピラティス

  2. スペースアポロ Tashiro’sブログ

  3. 足関節捻挫 最終章

  4. サンデーe-Lifeブログでお送りします。

  5. 座り時間が長くなっている方は是非見てください!

  6. 変化を出すための気づきをえるために

最近の記事 おすすめ記事
  1. 側弯!?

    2021.12.1