早く改善した理由とは・・

捻挫を早く改善させるために・・

捻挫をした少年H君が先週
クレアライフに来院されました。
H君は基本トレーニングのために
1年以上通院している少年でした。

捻挫は初回の捻挫で
重症度によっては
3~6週はかかるものです。

そんな捻挫ではありますが
H君には出たい大会が1週間後に
控えていました。

状況によっては
この大会は休む必要があると
考えていましたが
H君の足はとても速い
スピードで回復していき
出場する事ができたのです。

初診の段階で
痛みは大きく消失していて
腫れ靱帯の圧痛も大きいものでは
なかったのですが
それにしても脅威の回復力です。

この結果を生んだ理由として
捻挫自体が
軽度であった事もありますが
それよりも
この回復力を生んだ一番の要因は
捻ってから競技を棄権して
足首を守った事です。

これはとても大切な事で
捻ったと思って
頑張れば動けるレベルの
捻挫でしたら
多数の選手は競技を続けます。

すると靱帯にストレスが加わり
捻って損傷した部位が
どんどん悪化していきます。
具体的にいえば
足首で地面をける度に痛んでいくのです。

それをH君はしなかったので
損傷がとてもとても
軽度なもので
済んだのでした。
そうでないと1週間での
初回捻挫の改善はまず不可能です。

練習を一生懸命行っている
選手程試合を途中で棄権するのは
難しいですが
今後の事を考え足首を守るための
勇気ある決断も時に必要だと思います。

スポーツ選手は
是非本日ブログの内容を
頭の片隅に入れて頂き
万が一怪我した時の
対策ルールにして頂ければと思います。

関連記事

  1. 小学生の肉離れ・・?

  2. 久しぶりのクレアパッド!

  3. 始動!!

  4. 出前授業!!

  5. 晴れ!!

  6. サンデーブログでお送りします