怪我をした時に行う事

競技において怪我をしない事は
とっても大切です。

この理由はシンプルで
怪我をするとその期間は
練習ができなくなるからです。

又怪我をすることで
怪我が改善したあとも
少なからず
体には影響が出てしまいます。

このリカバリーにも少なからず
時間がかかります。

つまり上手くなるための
時間をロスしてしまうのです。

ですので
ブログをご覧の皆様は
まず怪我の予防に努めましょう。

※ここ最近の私にとって
説得力のない言葉になってますが・・・

しかし・・・

万が一怪我をした場合は
開き直り
怪我をした結果に落ち込むことなく
最大限競技復帰を早める行動を
とっていきましょう。

患部への施術ができる場合は
超音波や電気治療を行いましょう。

仮にギブスなどで
固めてある場合でもやる事は多々あります。

ギブスなどで足を固めたりすると
間違いなく身体は歪んでいきます。
そこを日々リセットする事は大切ですし
強化できるポイントもあります。

そしてそのようなエクササイズも
割とあります。

例えば・・ 万が一怪我をした方は
クレアライフにていち早い競技復帰を目指しましょう。

今でしたらお気持ち最大限ご理解できます。

関連記事

  1. サンデーブログでお送りします

  2. 先手を打つ!

  3. ほんとに侮るなかれ脳震盪!!

  4. バスでご来院のTさんの物語

  5. 朝起きて足の裏が痛い方へ・・

  6. サンデーブログでお送りします