スマホ時間は程々に

昨日の新聞より・・

~一部抜粋~

ゲームのやり過ぎで日常生活が
困難になる「ゲーム障害」を新たな
依存症として正式認定した。
スマートフォンなどの普及で問題が
深刻化し、健康を害する懸念が広がっている。

~以上~

というわけで
ゲーム(スマホ)は依存性が
ありますので
自制をもって気を付けて
利用しましょうね。

依存症とまでいかなくとも
スマホ時間は人によっては
とても長くなってきていると思います。

人によっては4時間、6時間平気で
超えています。

※先日ある高3女子に効いたら夜20時の段階で
44分でした。素晴らしい。

なかなか時間のとれない
学生アスリートの中にも
時間がないなかでこのスマホ時間を
確実にとっている方もいらっしゃいます。

利用するにはとても良い道具ですので
使う事はいっこうにかまわないのですが
スマホは上記で上げたように
依存性がありますので
使われるのが非常によくありません。

そして長時間利用をしてしまうと
スクロールにより眼球が下へ下へ
移動するので頭が落ちて
姿勢が悪くなったり
ブルーライトの影響で睡眠が浅くなる事もあります。

又情報を見すぎる事によって
人の注意は散漫になるため
スポーツを行う際や
勉強を行う際の集中力も落ちてしまいます。

結論

スマホ時間は程々に

スマホメーカーやアプリメーカーに利用されないように
利用しよう!

関連記事

  1. ボールを蹴る時の軸足に出現する痛みをFRピラティスにて解決!…

  2. 産後の腰痛予防のために

  3. とりあえずやってみよう!

  4. サンデーブログでお送りします

  5. 足首グラグラ症候群

  6. バスでご来院のTさんの物語

最近の記事 おすすめ記事