キーパー中の腰痛改善

キーパーをすると腰が痛くなる・・

ある38才の男性
フットサルプレイヤーが
腰痛を訴えて
ご来院されました。

ポジションはキーパーなのですが
試合に出る度に
腰から背中にかけて
痛みが発生していました。

このように
大きな外力で発生する痛みではなく
小さな外力の積み重ねで
発生する痛みに関しては

姿勢と動きに原因が隠されています。

そこで問診を行い
立ち姿勢と
キーパーで構えている時の
姿勢を確認すると・・

立ち姿勢

肋骨の下の方が出て
背骨が反りかえっている状態

キーパー姿勢

立ち姿勢に+股関節ではなく膝でしゃがんでいました。

 

そこで
この肋骨の浮きを改善するために
押し動作のトレーニングをいれました。
ターゲットの筋肉はこれです。

早速スタート!

オールフォアーズ

膝を挙げてベア


※これは上手くできませんでした

アブドミナル

スタートポジション

フィニッシュ

ここまで行ってから
施術前に痛みが出ていた
後屈動作を行ってもらったところ
痛みは消失していました。

しかし現在の筋力では
まだ試合をすると
完全に0の痛みではないと思います。

日々継続してトレーニングを行い
全力プレイをしても
痛みがこないように
していきましょう!

クレアライフでは
このように痛みの根本を追究し
今後痛みがこない身体作りを行っています。

しつこい痛みに悩まされている方は
根本解決のために
是非1度お越し頂ければと思います。

関連記事

  1. ピラティスは相性が良い

  2. 久しぶりに訪れた中学1年生

  3. クレアライフとイーライフ

  4. 筋肉の鎧?

  5. サンデーブログでお送りします

  6. 座り姿勢 vs 立ち姿勢