さするといいよ!

早速ですが
前屈をしてみましょう!

指先は床につきましたか?

指先が付かない方は
特に本日の内容は見るといいですよ!

指先どころか
手のひらべったりつく方も
情報として知っておいて損はないと思います。

前屈をして
手がなかなかつかない方は
ストレッチをやっても
なかなかつくようには
なりませんね。

このような場合
筋肉が固くて
つかないというより
身体が緊張していて
手がつかないのかもしれません。

特に小さい時から
手がつかない方は
前屈をするだけで

無意識化の

「手がつかないよ~」

プレッシャーがかかり
身体が緊張してしまい
手がつかないというケースは
多いのではと思います。

ではその場合
どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です!

リラックスしたらよいのです。

しかし・・・

このリラックス「言うは易い行うは難し」の行動で
本当に難しいですです。

しかし

一つ簡単な抜け道があります。

それは・・・

背中をさすることです。

 

さすってさすってさすってみて(30秒以上)

前屈をしてもらって
手が床に近づいたら
普段の身体は
緊張している事は間違いありません。

普段から背中をさすってもらって
緊張を緩和してもらいましょう。

ただこれでは人の手が常にいりますね。

自分の力でリラックスする方法はないのでしょうか?

それは・・

息を吐くことです。

呼吸にもやり方はありますが
取り合えず今日は
鼻から息を吸って

口から10秒は息を吐きましょう!

 

それでは床に手をつくことが
すべてではありませんが

しっかりリラックスして頂き
床に手が近づいたことを願っています。

 

関連記事

  1. サンデーブログでお送りします。

  2. 疲れをためないために・・

  3. 刺激不足!!

  4. にっこり笑ってこんにちは!

  5. 歯の健康はとっても大事!!

  6. 動きを鍛える