可能性の扉はいたるところにある

早速ですが下の写真を見てください!

おや!なんてことはない
四つ這いの写真ではないか・・と
思った方は
是非最後まで本日のブログは
お読みくださいね。

この方は胸椎5番の損傷をしていて
体幹が効かない
車椅子陸上の選手なのです。

ですので
胸から下の感覚がない状態で
この姿勢をとっているのです。

なかなかイメージつきづらいですが
これスーパーに凄い事なのです。

そしてもう一人・・

この方は二分脊椎という
個性を持っていて
車椅子で生活をしています。

腰と肩の痛みに
悩まされていましたが
ピラティスがはまりました。

いまの身体は痛みなし
痛みがでても運動で
コントロールできるようになりました。

素晴らしい!!

このようにクレアライフでは
車椅子の方のピラティスも
積極的にやっております。

なかなかピラティスをやれると思っている
車椅子の方は少ないのではと思うのですが
やる事で
QOL(生活の質)は上がると思います。

ご興味ある方は086-239-5353に
お気軽にお問合せ頂ければと思います。

そしてこの方たちは
自分の力で
可能性の扉を開きまくっています。

本当にすごいですよ!

そんな姿をみて
自分の身体の可能性を信じ
ボディーワークに励もうと思った
最後までこのブログを読んで頂いた方も
是非086-239-5353にお問合せくださいね!

関連記事

  1. 本の読み方を改めたい! Tashiro’sブログ…

  2. 捻っていますか? 捻るピラティスをしよう!

  3. 日常のちょっとした習慣を変えていこう作戦

  4. 首、肩、デコルテをすっきりさせて日曜日を過ごしませんか!?

  5. 気を付けよう!アスリート

  6. 身体を冷やさないために Yuka’sブログ

最近の記事 おすすめ記事