やはり・・・たかが捻挫ではない

昨日ご来院のR君は
小学生からケア、トレーニングで
来院しているサッカー選手です。

現在大学生で
最近怪我減ったな~と話をしたばかりでしたが・・

先日足首を負傷・・・

自爆損傷ではなく
相手に蹴られて捻ったので
不可抗力の損傷ではありましたが
お互い残念感がありました。

しかし
初回捻挫ではなく何回目かの捻挫だったこともあり
早くに改善するだろうと思い
診ていきましたが雲行きが怪しい・・

まず待合からベッドまでの移動で
怪我をした方に体重がかけれていないのです。

これは怪しいと思い
問診後、患部を丁寧に診ていったところ・

捻挫をして損傷が起きやすい部位と
反対側に痛みが出ているのです。

しかも圧痛が骨に・・・
※圧痛とは押しての痛みです。

さらにそこからしつこく
触っていきましたが

やはり・・・

怪しい・・・

疑がったのは
くるぶしの骨の損傷です。

そうなんです!

捻挫後仮に歩けたとしても
意外に骨の損傷・・

つまり骨折していることがあるのです。

この事を本人に伝え
その日のうちに病院に行って頂きました。

その結果は?

骨折・・・でした。

 

私たちもそうですが
怪我をした本人も捻挫をあなどらずに
一度医療機関を訪れてくださいね。

そしてR君。
今回は不運でしたがなってしまったもは
仕方ないので
今できる事をしっかり行い
復帰後すぐに活躍できる身体に仕上げましょう!

 

 

 

関連記事

  1. 試合

  2. 不覚にも・・・

  3. 卒業を迎える方、環境が変わる方へ Yuka’sブ…

  4. サンデーブログでお送り致します!

  5. サンデーブログでお送り致します

  6. サンデーブログでお送りします