試合前半ですぐ息切れしてしまう方へ

試合前半や
途中交代で出場してゲームへ出て
すぐに息切れしてしまう事はありませんか?

そして試合中盤から、終盤にかけて
逆に元気になってくる事はありませんか?

この現象が起きてしまうと
試合開始からフルスロットルでいけずに
こまってしまいますね。

この原因として挙げられるのが単純に

ウォーミングアップ不足です。

ウォーミングアップ中に適切な
血流量になっていないため
身体の隅々まで酸素がいきわたらず
細胞が酸欠になってしまうために
このような状況がおきてしまいます。

ですので
暑い夏といえでも
少し息の上がる程度は身体を動かし

※今の時期は水分補給もしっかりとりながら

血流を上げていく必要があります。

そしてここからが本日のメインイベントです。

このウォーミングアップの際
アスリートの皆様に是非実践してほしいのが

鼻呼吸です!

鼻呼吸は口呼吸に比べて
吸気(酸素の取り込み)が少なくなります。

それによって血中の二酸化炭素濃度が減るのですが
これによって細胞へ送る酸素の量が増えるのです。

逆に口呼吸でしっかり息を吸っていきすぎると
血中の二酸化炭素濃度が減り
細胞への酸素供給が少なくなります。

結論

試合開始、交代直後からフルスロットルで
プレイするために・・

ウォーミングアップで血流を上げ
酸素を全身にくまなく供給するために
鼻呼吸を行いましょう。

関連記事

  1. 寒い・・・

  2. ほんとうに多い競技中以外の怪我

  3. 今回も熱かった!

  4. 悲しいかな・・待てない・・・

  5. サンデーブログでお送りします

  6. ともに励みましょう!