秋にも多いこの症状

一気に涼しくなった昨今
このような時は
体調を崩しやすいので
睡眠時
お腹にブランケットをかけるなどして
体調管理に勤しんでくださいね。

体調管理ネタで一つ・・

昨日ご来院の
高校球児はとっても鼻を
ズルズルさせて
いたました。

アレルギー性鼻炎が
とっても強く出ていたのです。

寒暖差や稲花粉など
秋に鼻が反応する人にとっては
とっても苦しいこの時期は
大変ですよね・・

私も田舎出身のせいか
稲花粉にはとっても敏感で
鼻炎の薬は欠かせません。

その高校生は本当に
大変そうでしたが
薬などを頼らなくとも
ちょっとは改善の傾向があるかな~と
思いました。

というのも
鼻炎の影響もあり
常に口は開いて口呼吸だったからです。

口呼吸は時に
鼻炎を悪化させる事があります。

口呼吸だと
二酸化炭素を過度に排出してしまい
血中の二酸化炭素濃度が
減少してしまいます。

すると身体は酸性に傾き
鼻の炎症症状も進み
鼻炎が悪化してしまう場合があるからです。

鼻炎ユーザーなので
よく分かりますが
鼻水がズルズルでも
鼻詰まりがあっても
頑張ればある程度は鼻呼吸ができます。

このやさしい穏やかな
鼻呼吸は身体の酸性への傾きを
予防し鼻炎をひどくしない
1つの手段となります。

※ただし鼻炎がひどく出た場合は
鼻呼吸でもなんら反応が出ない場合もあります。

そこでこの高校生に
施術外に次のような運動をしました。

優しく鼻呼吸1回

鼻をつまんで

息を吸いたいと思うまで
その場足踏み

吸いたくなったら
優しく鼻呼吸1回

このセットを6セットやったのです。
すると
鼻が通り瞬間ではありますが
気持ちのよい鼻となっていました。

これ1回でしたら
すぐ鼻の調子は戻りますが
継続的に頑張って鼻呼吸をすることで
今の症状よりかは
改善するかもしれませんね。

最後までお読みの方だ
鼻炎に悩んでいる方は
是非試してみてください!

 

関連記事

  1. 暑さがぶり返したのでもう一度!熱中症対策

  2. 楽しもう!!

  3. サンデーブログでお送りします

  4. 今日はスペシャルレッスンの日!

  5. クレアライフにも・・・

  6. 学生にこそ聞いて欲しい!