割と多い腱板損傷

最近手が上がりづらいんだよね~

なにもしてなくても首、腕が
少しジンジンするんだよね~

寝る時に痛くなるんだよね~

これは腱板損傷のサインかもしれません。

 

腱板とは
肩のインナーマッスルの事で
別名ローテーターカフともいいます。

この筋肉の損傷が
知らず知らずのうちにおきると
手があがりずらくなったり

肩はもちろん
腕や首まで痛くなることがあります。

そして腱板損傷がやっかいなのが
腕をまったく使わない事は
なかなか不可能ですので

なかなか治りづらいどころか
ひどくなりやすいのです!

ひどくなったら大変です。
私が診た方でも何人かいらっしゃいますが
手術適応になる事もあります。

※腱板の手術はリハが本当に大変!!

ですので
腱板損傷になってからでは
本当に

ほんとーーに

Honto—ni

遅いのです。

そこで予防が大切になってきますが
行って欲しい事は
肩の安定性を出すための次のトレーニングです。

早速やってみましょう。

このポーズを作り
脇の下からお腹の横に
使っている感じが出たら

鼻から息を吸って
口から10秒息を吐いて
息を3秒止める を3セット繰り返しましょう。

それでは怖い腱板損傷予防のために
上のトレーニングを行い
健やかなる肩を保ち
毎日を楽しく過ごしましょうね!

 

関連記事

  1. 身につけたら一生もの

  2. 出前授業 in 江西小学校

  3. ふくらはぎがパンパンの方へ!

  4. 学生にこそ聞いて欲しい!

  5. 長い座り時間を経験して・・

  6. なぜクレアライフではFRピラティスをするの?