休む事は試合に勝つための練習である

学生アスリートは
ここからが本番!!

コロナは増えてきているが
この流れでは
大会が中止になる事はないでしょう。

いよいよ
高校生は
インターハイの予選

中学生は
全国へつながる最後の大会がはじまりますね。

※一部冬までありますが

特に最終学年を迎える選手たちの
モチベーションは日に日に
上がってきているのでは
ないでしょうか!?

そんなメンタルに水を差して
しまうのが

怪我です・・・

ほぼこの時期に
怪我の発生率は増加してしまいます。

実際先週末
本日の予約表を診ても
怪我をした方の名前が
連なっています。

これは練習量の増加や
練習試合の増加によるものが
大半です。

つまり
疲労がたまっていくなか
練習試合でハイパフォーマンスを
出そうとして怪我をするパターンが
非常に多いのです。

ですので
練習はもちろん大切なのですが
選手の皆様にやってほしいことは
リカバリーです。

リカバリーというと
練習後や試合後はジョグをして・・・
家ではストレッチをして・・・
クエン酸をとって・・・など
枝葉をあげればきりがありません。

シンプルにしましょう!

まず休むことも
試合に勝つための練習だと思ってください。

疲れると
集中力が120%落ちます。

体は動かないうえに
集中できなかったら
いいプレイは出来ないどころか
怪我をしてしまいます。

まずこの

休む事は試合に勝つための練習である!という事を

一度声に出していってください。

そのうえで
超がつく基本的な事をしっかりやりましょう。

お風呂に入る。

モリモリ食べる。

寝る!

以上・・

以上といっておきながら最後に・・・

スマホは睡眠の質を落としますので
ほどほどに・・・

 

関連記事

  1. きっかけはこの中に凝縮!

  2. クレアライフのGWは・・

  3. NEVER TOO LATE!

  4. 予防祭り!

  5. 今できることを!

  6. 敬意を持って

最近の記事 おすすめ記事