今日はランナーニーについて

早朝いつものように
1分間走をしましたが
今日は左膝に違和感が出たので
30秒で歩きに変更・・

昨日約4キロの道のりを
自身にとって
速い速度で
走行したダメージが残っていました・・

今の私の走り方では
残念ながら
この距離を走るとダメージが
残るという事です。

しかし・・

昨年同じくらい走った時は
歩くのも痛くなっていましたので
少しは成長かなとも思っています。

今回出た症状は
腸脛靭帯炎という膝外側の痛みです。

これは別名ランナーニーとも呼ばれる
典型的ランナーの症状です。

原因としては走る際
痛みが出る足(患足)が
地面に接地した時から離れるまでに
重心を高い位置へ保てずに
外側に重心がかかり
膝にストレスがかかってしまう事です。

来年に向けて
この課題をクリアしていこうと思いますが
同じ悩みを抱える人は
ランナーの中に非常に多いと思いますので
いっしょに克服していけたら嬉しく思います。

走行の前に大切な事が
立っている時の姿勢です。
この時軸が潰れていたり
肩の高さがどちらか極端に
下がっているように
バランスを崩した場合は
走行中もバランスを崩した走りになりやすいです。

姿勢は意識して
作るものではないので
トレーニングによって
姿勢を正しつつ同時に
走行の補正ができれば最高ですね。

そこで今日は姿勢改善をしながら
走行の際必要な
足のスイング力を鍛える
エクササイズ
ランジトレーニングを紹介します。
早速やってみましょう!

ローラーの上に土踏まずをおいて
前足は直角
後ろ足は直角かやや開くようポーズを作りましょう。
※ローラーがない場合はなしでもOKです。

真上に立っていきます。
後ろ足の踵は落ちないように
高い位置を保ちます。
両膝ともしっかり伸ばし
みぞおち、脳天を上げ軸を伸ばしましょう。

5~8回繰り返します。

それではランナーニーの方は
継続トレーニングで
走行時、走行後の
膝の痛みを克服していきましょう!

私も頑張ります。

関連記事

  1. サンデーブログでお送りいたします

  2. 今を重ねる

  3. 最善

  4. 息吸いすぎていませんか?

  5. サンデーブログでお送りします

  6. 日常のコンロールが身体を守る!