なぜか多い!!

先日もお伝えしましたが
12月に入って

急性外傷がなぜか多い!

特に
捻挫と肉離れです。

両方とも軽く見られやすい怪我ですが
しっかり改善しないと大変です。

特に初めての捻挫の施術を
しっかりする事は
整骨院の仕事の中で
TOP3に入る大事な仕事だと思います。

というのも
靱帯が損傷する初回捻挫において
しっかり靱帯の修復をさせれば
その後後遺症はまったくないのですが
損傷後、中途半端な治癒状況で
競技復帰をしてしまうと
靱帯が伸びた状態で
修復してしまいます。

こうなった足首は大変で
生涯グラグラな状況で
生活する事になります。

また足首は地面からの衝撃を
吸収する場所でもありますので
捻挫をしっかり治さないと
この衝撃吸収能力が低下します。

するとどうなるでしょう・・

膝や腰の痛みを誘発し
5年後、10年後、20年後
膝のO脚変形を促すかもしれません。

そうなったら大変です・・

このように
たかが捻挫、されど捻挫です。

クレアライフでは
まず骨折の可能性があるかどうかをチェックし
可能性が1ミリでもありでしたら
病院へ行って頂きます。

骨折のリスクがない場合
もしくは病院に行ってからの来院の場合は
コンビネーションという物療機器を使い
治癒促進を行います。

※捻挫の場合は足首に当てます!

そして夜間時、家にいるときなどに
リアラインスプリントという装具をつけて
もらいます。

リアラインスプリントとは足首を曲げた状態を
保持する簡単な装具ですが・・

この足首を曲げて保存する事がとっても大切!!

これにより靱帯がもとの長さで
癒合することになり
後遺症のリスクが減るのです。

長くなりましたが
まずは怪我をしない事が一番!
万が一捻挫をした場合は
すぐにクレアライフにご連絡くださいね!

関連記事

  1. けっこう痛い外脛骨

  2. 診療スタート!

  3. 競技へ活かせるイメージがついてきました

  4. アスリートピラティス!

  5. 繰り返さない、繰り返す

  6. 大切なの事は筋温を上げる事