リアルかオンラインピラティスかは適宜選択でOK!!

【リアルかオンラインピラティスかは適宜選択でOK!!】

ピラティスに限らず
その他エクササイズ
その他分野において

リアルvsオンライン のように

勝敗を決める論争を
時に拝見しますが
勝ち負けを決める必要はなく
どちらにもそれぞれ
いいところがあるので
適宜選択でいいと思います。

本日の記事では
私が提供するピラティスにおいての
リアルとオンラインの個性を紹介します。
今からピラティスの一歩を
踏み出そうという方の
選択のヒントになって頂ければと思います。

※本日の内容は
私が提供しているものを
客観的に見て考えた内容です。
といっても
私のフィルターはかかっていますので
1例だと思って読んで頂ければと思います。

【リアルとオンラインピラティスの違い】

分かりやすく表にしてみました。

スクリーンショット (306)

それぞれの項目に対する
答えの整合性をとるために
リアル、オンラインにおいて
限定条件をつけさせて頂きました。

〇リアルレッスン
1対1、1対少数のパーソナルに近いセッション

〇オンラインレッスン
双方向のやりとりが可能な人数。
※フォームチェックなど
もちろん少数のほうがいいですが
15~16人ならお名前を1度お呼びして
レッスンは可能でしたので
最大20名としましょう。

・1レッスンの効果
当然ですがリアルレッスンの効果が高いです。
ではオンラインレッスンが効果が低いかといえば
決してそうではありません。

やる方の習熟度合いによって
効果は上がってきますし
細かなフォームチェックはできないまでも
オンラインでも正確にできるよう
レッスン構成、段取りを行えば
中程度以上の効果は出せると思います。

そしてこれはメンバーさんの面白い意見ですが

家で行うとリラックスして行えるから
伸び伸びできてバランスとれるの!という
オンラインに票が入る声も頂きました。

・中長期的な効果と移動、金額コスト
効果の高いリアルレッスンを定期的に継続し
かつホームエクササイズもしっかり行えば
リアルレッスンは絶大なる
中長期的な効果が得られるでしょう。

しかしこの後の議題にもなりますが
移動と金額のコストを考えると
レッスン回数は一部の意識高い系の方以外
多くはとれないでしょう。

その点オンラインは
移動と金額コストがリアルに比べ低く
ゆえに日常の習慣として
ピラティスを取り入れやすいため
一旦習慣となれば
中長期的な結果は得られやすいと思います。

【おまけ・・ピラティス録画配信はどうなの?】

スクリーンショット (307)

オンラインサービスにはもう1つ
録画配信がありますね。

この録画配信に関しては
Zoomレッスンの双方向型レッスンと
比べると似て非なるものとなります。

まず効果に関しては
受け手の能力に大きく左右されます。

イントラさんの誘導のように
身体を動かせる能力が受け手にあれば
それ相応の効果は出るうえに
無料の情報が謳歌している
昨今これほどいいものはないでしょう。

かつ習慣になるまで
強い意志を持ち
やり続ける能力があれば
さらに効果があるでしょう。

しかし!

出回っている情報の大半は
お気軽に効果を得ようとするものが
多く実際身体の不調を変える内容を
提供しているコンテンツは一部です。

さらにしかし!!

多数の方はイントラさんの誘導に
添うように
動かせずに
1回当たりの効果も薄く
継続も難しい事だと思います。

私としては
やはりプロの目の光る場所に
お金と時間を投じることは
不調をへらすためには
必要かと思います。

【まとめ】

以上を踏まえて
自分だったら
これがいいかな~と思うものを
継続して行って欲しいと思います。

私個人の考えとしては
リアルレッスンを月1回でもうけて
オンラインレッスンで
日常のピラティス習慣を育むのが
最も現実的な方法かと思います。

最後に

本日ちょっと劣勢の意見を書きましたが・・・
録画配信を2週間に1回お届けする
e-Lifeの公式ラインに是非ご登録を!

無料体験のご案内もこちらでしております!

画像3

関連記事

  1. クレアライフとイーライフ

  2. メンズも頑張って欲しい!!

  3. スポーツ傷害予防のための足のアーチトレーニング

  4. レッスンレポート 皆で燃えました!

  5. 今更聞きづらい・・オンラインピラティスの参加の仕方を紹介致し…

  6. サンデー「7つの習慣」ブログでお送り致します

最近の記事 おすすめ記事