やはりおさえるべし!脚長差

先日脚長差についての
話になり現在ストックしている
比較写真を送る運びとなりました。

そこで私も脚長差の患者さんの
歴史を振り返ることになりましたが
改めて脚長差を診たうえで
施術や運動を行うべきだと
実感しました。

クレアライフ整骨院で
対応できる脚長差は1センチ以内ですが
たかだか6mmの脚長差でも
体には大きな影響が出ます。

それが如実に出るのが
歩行です。

では早速!

右側い6mmのソールをいれています。
右肩の下がり加減が変化している事が
わかりますね。

実際右肩の痛みはこれで
緩和しました。

右足に6mmのソールを入れています。
装着前は身体が右に傾いていましたが
装着後は傾きが緩和しました。

右股関節の痛みを訴えていましたが
無事改善しました。

左足に6mmのソールを入れています。
←(矢印)の方向への歪みが
改善されている事が分かりますね。

左股関節の痛みがありましたが
改善されています。

このようにたかだか6mmの補高でも
歩行には影響を与えます。

特にいつの間にか痛くなった症状は
姿勢と歩行の影響が大きいので
そういった痛みに悩んでいる方は
是非ご相談くださいね!

関連記事

  1. おすすめアイテム!

  2. 衝撃!!

  3. ○○の秋

  4. どうしても防ぎたい前十字靭帯の損傷です

  5. あなたの背中緊張していませんか?

  6. サンデーブログでお送りします

最近の記事 おすすめ記事