足関節捻挫 最終章

先週2回に渡り
足関節捻挫編をブログに
書いていきましたが
本日は最後運動療法編を紹介します。

〇ざっと復習です

・ポイント①

 

捻挫は初回捻挫と複数回捻挫では
扱いが全く違い
特に初回捻挫は靱帯が修復するため
足首を曲げた状態で固定し
時間をかけ改善させていく事が大切です。

・ポイント②

捻挫後は足首が曲がりづらくなります。
そして運動だけでは
曲げる可動域の改善は難しく
クレアライフにお越しくださいと
いった内容でした。

〇運動療法編スタート

まず運動を始めるタイミングですが
初回捻挫に関しては
3~6週の固定後からスタートし
複数回捻挫に関しては
腫れが引き
痛みが改善した時から
スタートします。

まずは荷重をかけない
安全な運動からスタートします。

クレアライフではこの運動を
よくお勧めしています。
捻挫後に機能低下する腓骨筋
足底の筋肉を鍛えています。

まずはこれから捻挫後の運動療法

 

次に足首を曲げる運動を行いますが
次の動画のように
スクワットをちょっと工夫して
行います。

 

スクワットをちょっと工夫しています。

 

最後に足首を伸ばした
状態で安定させる運動を行います。

かかとをしっかっり上げる事が大切です

 

運動中痛みを感じたら
その運動の強度は
高いので1つ前のステップに
戻す事が大切です。

このような運動をしていきながら
ジョグ、サイドステップ、ダッシュ
切り替えし動作、対人動作と
段階的に入れていきます。
基本痛みがでる動作があれば
1つ前のステップに戻す
この繰り返しです。

捻挫は全3回に渡り
ブログに書いていきましたが
それくらい受傷してから復帰までの
やり方で予後が変わってきます。

万が一怪我をした際は
一度ご相談頂ければと思います。

関連記事

  1. 七転び八起き

  2. 師走だからこそ・・

  3. 間に合った・・・

  4. ピラティストレーニング日記

  5. 「なおす」ということ

  6. 肉離れになってしまったら・・