拳2.5分からの・・・

クレアライフの受付の
唐仁原さんは

みずからの身体改善のため
木曜日のセミパーソナルレッスンである

「腰痛、肩こり改善ピラティス」を毎週受けています。

唐仁原さんは慢性的な
首肩こり、疲労感を打破したく

また

動きやすい身体になって
より毎日を楽しく過ごすために
このレッスンを受けていました。

そのための1つの目標として
前屈の際、手が床につく事を挙げていました。

前屈の際に手が床につけばいいというものでは
ありませんが
唐仁原さんの場合
本当に床と手の距離が

拳2.5個分以上ありましたので

さすがに改善しようという共通認識になりました。

※身体の緊張が高い証拠です。

そしてはや2か月
めでたく本日のレッスン後

つきました!

おめでとうございます!

そして実際手がつくだけでなく
身体のかるさも感じて頂いています。

最後に唐仁原さんの感想をご紹介します。

~感想文~

セミパーソナルなんだけど
パーソナル感が得られるのがいいですね!

身体に対しての気づきを得られるのが嬉しいです。

そして

記憶のあるかぎり
私の手が床についたことはありません。

自分で無理だと思ったことでも
できる事があるんだと
前屈を通して
可能性の広がりを感じ
喜びを感じました。

~以上~

今後も継続して行ってくださいね!

それではこのような喜びをともに
感じたい方は振るってご参加ください!

関連記事

  1. 首、肩の不調をへらすために頭の位置を定めましょうシリーズ2

  2. サンデーリカバリーブログでお送りします

  3. 未来のために!

  4. 刺激の多い1週間! Tashiro’sブログ

  5. サンデーブログでお送りします

  6. カラビサソックス

最近の記事 おすすめ記事