これは何のときに使う道具か分かりますか?

昨日ご来院の中学生にお願いして
写真を撮らせて頂きました?

これなんだか分かりますか?

正解は

腰椎分離症の時に装着するコルセットでした!

腰椎分離症とは
小学生高学年から中学生の
アスリートに多い疾患です。

捻る動作や反る動作の繰り返しで
腰の背骨にストレスが加わり続け
疲労骨折してしまうのが
腰椎分離症です。

バレー、サッカー、野球、バトミントンなどに多いです。

今回ご来院の少年は
陸上部の中学生でした。

腰痛で来院されましたが
これは怪しいな~と思い
病院で診てもらったところ
案の定
腰椎分離症でした・・・

腰椎分離症は
初期、進行期、終末期とあり
初期だと90%以上の確率で完治するため
早期発見がとっても大切です。

そして発見次第
上の写真のコルセットを初期でしたら
3か月くらいつけるのです。

それで万事OKかというと
そうでもないのです。

腰椎分離症の原因は
使い過ぎと
使い方の誤りにより発生します。

つまり
身体の使い方を変えなければ
又再発するリスクはあるのです。

※練習量のコントロールも!

そこで昨日来院の少年は
コルセットをしながら
まず上半身の使い方を練習しているので
ありました。

そして腰椎分離症は
なってしまったらとっても大変です。

そうならないためにも
競技の技術練習だけでなく

身体を上手く使う練習も行いましょうね!

こちらも是非お使いください!

関連記事

  1. テニス好きのテニス肘

  2. クリスマスですが・・

  3. ちょっと裏話し and ちょっと嬉しい話し

  4. 捻挫をした2人

  5. ザ・アスリート!

  6. サンデーブログでお送りします