この時期の身体作りの一環として

ここ最近は
寒さが続いておりますが
学生アスリートの方々達は
身体作りに勤しんでいる頃でしょう。

今日はその身体作りの1つとして
是非入れてもらいたいエクササイズ
オールフォアーズを紹介します。

見た目は簡単なエクササイズですが
丁寧に行うと
体幹にしっかり効いてきますし
軸の伸び感がしっかり出て
姿勢改善にも効果的なトレーニングです。

つまり肩、腰、膝、足のスポーツ傷害予防に
効果的なのです。

早速やってみましょう。

まず四つ這いになります。
四つ這いは手は肩の真下
膝は股関節の真下に位置させます。

そして手の付き方がポイントです。


やや外へ向け
人差し指を真ん中にし
肘をロックしないで
軽度に曲げた状態を作ります。
※あくまで軽度です

すると写真の部分で
押せる感じがすると思います。


ここでしっかり地面を押したら

脇の下に効く感じが出てくると思います。

これとても重要です!

 

この体勢ができたら
足を遠くへ伸ばします。

※上の写真は足の伸ばし方を参考にしてください。

この時骨盤が横にずれないように気を付けましょう。

1ミリたりともずれないように気をつけましょう。
これが大きなポイントです。

そこから伸ばしている足の内ももを使い
足を遠くへ伸ばしていく事で
結果地面から足を持ち上げてください。

※おしりの筋肉を緊張させない事がポイントです。

そして対側の手を伸ばしていきます。


肩の上の筋肉に緊張が走らないように
脇の下から手を伸ばしていきましょう。

これでポーズ完成です。
ついている手の脇下からお腹の横
対側のお腹に効いている感じが出れば
うまくできている証拠です。

それでは5秒キープを各3~5セット行い
冬の身体作りの一部としてみてくださいね!

関連記事

  1. カオスだけど・・

  2. 危険察知能力を磨く

  3. 走る能力を上げるためのピラティスアプローチ

  4. 膝に股関節にアキレス腱 原因は動きでしょ!

  5. 最近多い手首の痛み

  6. 走るためのチャレンジエクササイズ