熱中症対策できていますか?

昨日行われた熱中症対策セミナーの
集合写真です!

5名の受講者+スタッフ2名の計7名の
寺子屋感たっぷりのセミナーとなりました。

ご参加の皆様ありがとうございました。

今回も講師の松本先生からの学びは
とても価値があるものばかりで
現場で活かせる知識ばかりでした。

しかし知識を使えるかは
これからの習熟そのための行動が
必要ですので
まずこのブログで大切な事をシェアしていこうと思います。

1600人・・・

これ何の数字かわかりますか?

正解は・・・

昨年の熱中症による死亡者です。

多くないですか?

熱中症が重症化した場合
15分以内に体温を39度程度まで
下げる必要があります。

※15分を超えて体温を下げられなかったら
死亡率50%以上

この15分のリミットに対して

救急車を呼んでからドクターのもとに
いくまでにかかる時間はなんと・・・

39分!

つまり

重症度の高い熱中症になってからでは
圧倒的に!遅いのです。

予防の重要性が理解できたでしょうか?

熱中症の予防は
誰でもできる事を徹底して行うのみです。

ただ徹底するには
熱中症対策の重要性を骨の髄まで
理解する事がで必要です。

この段階で
ブログをご覧の50%の方々にでも
伝わっていたら幸いです。

それでは質問です。

100mlの水分が吸収されるのに
かかる時間は何分だと思いますか?

正解は10分です。

つまり500mlの水分が
吸収されるのにかかる時間は
なんと50分かかるのです。

のどが渇いたと思って水分をとっても
その水分が吸収されるのは
数十分後・・・
のどが渇いてからでは遅いのです。

サッカーの試合のため
会場につきました。

その時に飲んだ水分はウォーミングアップの時に

ウォーミングアップの時に飲んだ水分は

試合の前半戦に

試合の前半戦、ハーフタイムで飲んだ水分は

試合の後半戦に使われます。

なぜこまめに水分摂取をしなければいけないか
分りましたか?

その他にも伝えたい事は
山ほどあるのですが今日はここまで!
来週のブログでも紹介していきますので
チェックしてくださいね!

関連記事

  1. ピラティスにおける丁寧さを具体的に表現すると

  2. クレアライフのGWは・・

  3. 筋トレでは変形性膝関節症は予防できない!

  4. クレアライフは本日元気に診療中!

  5. 歩こう!!

  6. 秋にも多いこの症状