軽症と思って侮るなかれ

本日は朝からふくらはぎの
肉離れをした患者様からの
スタートです。

先週の日曜日に
やったかな?と思い
そのままプレイを続けたようで
それによって
悪化した感じがあります。

患部を見ると
内出血がでていて
明らかに筋損傷している状態です。

試合中の怪我は
多少痛くても
脳内麻薬のアドレナリンにより
意外にプレイはできるものです。
トレーナーの立場だと怪我をすると
試合は出て欲しくないのが
本音ですがなかなかそうもいきません。

ですので
仮に痛い事があっても
プレイ続行する事を決めた日には

終了後痛みを大きく感じなくても
アイシングをして欲しいと思います。

 

特に軽度の捻挫や軽度の肉離れなどは
まあ大丈夫だろう・・と
思いやすいですが
軽く思ってしまうと
回復までに時間がかかってしまう結果に
なります。

そんな事を改めて思った本日の
早朝施術でした。

この方には
コンビネーション治療を行い
今週末の試合にも出るようですので
テーピングのやり方を紹介して
帰って頂きました。

それでは
寒くなってきましたので
ウォーミングアップでは
しっかり筋温を挙げるまで行い
怪我を予防していきましょうね!

関連記事

  1. 連戦の時のリカバリー戦略

  2. アスリートピラティス 11回目

  3. 寝違い対策として

  4. シンスプ大丈夫?

  5. 筋温を上げる以外にやる事

  6. 新春サンデーブログでお送りします!