試合終盤で粘るために・・・

 

昨日は
久しぶりにJフィールドの
運動指導に行ってきました。
雨男っぷりを発揮して
2か月行けていませんでしたが
今日は見事に快晴!

ほっと一安心です。
久しぶりに行った昨日のテーマは
試合終盤でも動ける走力作りでした。

試合終盤で動けるためには
筋持久力そして心肺持久力の2つの要素が
必要なのですが
昨日は心肺持久力にフォーカスを当てました。

トレーニングの内容は
インターバルトレーニング!!

心肺持久力つまり
最大酸素摂取量を挙げるために
もっとも最適なトレーニングです。

20秒全力疾走した後に
40秒のジョグを行う事を
繰り返し10本程度行います。

このトレーニング確かに
効果は高いのですが
1つ欠点があります。

やっている本人達は
とても苦しいのです。

※ちなみに私は秒数のカウントと
スタート合図だけなので
体力的にはとても楽・・

そんな苦しいトレーニングを行う際に
大切な事は「声」
しんどい練習をもくもくとやっても
苦しいだけですよね。

声を出し励まし合い
テンションで乗り切る事が大切で
それを実行したJフィールドの
中学生たちだったのでした。

2年生、3年生昨日は
ほんとに頑張ってたよ!

素晴らしい!!

それでは試合終盤での
体力をつけたい方は是非
20秒40秒サイクルの
インターバルトレーニングを
複数人で声を出しながら
10~15本チャレンジしてくださいね。

関連記事

  1. ラストゲーム

  2. ギックリ腰対策 第4弾

  3. 日常のコンロールが身体を守る!

  4. ピラティスは相性が良い

  5. 朝起きると痛いんです・・・

  6. あの手この手