目の前の勝利より・・

昨日の新聞で気になる記事がありました。

まずこの記事を
かいつまんで説明していきます。

~記事かいつまみ説明~

野球で肘を痛めて
医療機関を受診する小、中学生が
増えているという記事です。

2014年度に1万人を対象に行った
調査では

4人に1人が

野球肘により肘の痛みを
訴えていたようです。

門脇助教授(島根大学病院)
山本智章院長(新潟リハビリテーション病院)は

「小学生は身体が発達段階で全身を連動させた
投球ができず重心移動も不安定なので
腕の力に頼った手投げになりがちで
肘に負担がかかる」と説明しています。

~記事かいつまみ以上~

いかがでしょうか?

私はこのお2人のご意見には
とても納得で
やはり身体が作られていない時期に
投球数が多くなると
痛みは出やすいのではと思います。

この状況を打破するためには

目の前の勝利より
子供の成長に目を向ける環境を
大人達が作っていくしかないのではと思います。

 

勝利ではなく成長のために投球制限をし
目の前の勝利ではなく
将来の子供の未来のために
技術練習と同じくらい身体作りを行う事が
大事なのではと思います。

私でしたら小学生に関しては
身体作りというより
色々な刺激が入る
色々な遊びをさせたいですね!

それでは
選手の皆様、監督、コーチの皆様
子供を見守る親御様
今日も子供達の成長に目を向け
楽しんで練習していきましょう。

身体作りで何をすればいいか
迷ったら次のKBR体操を行ってくださいね。
導入編として良い体操だと思います!

KBR体操はこちらをクリック!

関連記事

  1. 熱中症対策できていますか?

  2. サンデーブログでお送りします。

  3. バッシュと突然の足の痛み・・

  4. 振替休日2018年ラストブログでお送りします。

  5. 最近多い手首の痛み

  6. 脳震盪を引き続き・・とても大事