急がば回れ・・・社会人アスリートの肉離れ

最近本当によく訪れる
肉離れの社会人アスリート!

 

シニアサッカー選手
多いと思っていたなか
本日は社交ダンスをやっている方も
いらっしゃり
ブームには決してなってほしくありませんが
肉離れを毎日診ている昨今です。

肉離れとは
筋繊維の損傷であり
間違いなく怪我なのですが
軽んじている方が
多いと思います。

軽度損傷の場合
我慢すれば
低いパフォーマンスで良ければ
プレイする事は
可能なケースもあります。

しかし治癒させずにプレイし続けると
間違いなく悪化する結果が待っています。

ですので
もし肉離れをした際は
練習をしっかりと
休んだ方がよいと思います。

そして
この練習を休む期間に
落とし穴があるので要注意です。

仮に中等度の肉離れが
起きたとします。

すると早い方では
2週間ほどで大きく痛みが
改善しますが
決してこのタイミングでは
筋の組織の回復はしていません。

その証拠に
多くの方が

・ストレッチをかけると違和感が出る
・損傷部位を押すと痛みが発生
・筋を収縮させると違和感が出る

この3つのサインのどれかに
もしくは複数個に
〇がつきます。

この状態で競技復帰をすると
再受傷のリスクはグーンと高まります。

これは私の経験測ですが
日常生活に支障がなく
痛みが気にならなくなっても
復帰基準をクリアするには
1~2週かかるケースがほとんどです。

差し迫った大会がある
中、高校生の最終学年とは
違う場合がほとんどだと思いますので
社会人アスリートこそ
じっくり肉離れを改善させて
楽しい競技ライフを
長持ちさせましょうね!

関連記事

  1. 雨男?否!晴れ男!

  2. 成長期のスポーツ選手におけるオスグッド予防

  3. 新春サンデーブログでお送りします!

  4. 防衛しよう!!

  5. 足首グラグラ症候群

  6. ヒッチハイカー