シンスプリント対策のためにアーチトレ

この時期はやはり多いですね~

シンスプリント!

先々週もシンスプの悲劇のようなタイトルで
紹介していきましたが
改めていいますが
やっぱり多いシンスプリント。

今日はこのシンスプリント対策のための内容を
足にフォーカスして
話しをすすめていきます。

足において
走る時に大切な要素の1つとして
アーチがあるか?が挙げられます。

アーチとは足の裏にある
ドーム状の空間で
※理想的な足をお持ちの場合
これがなくなると
地面の衝撃を強く受けるうえに
反力(ボールが落ちたら跳ね返る力)が
地面からもらえず
足も遅くなってしまいます。

このアーチですが
成長過程を通して
育まれるもので
個人差が非常に大きい場所です。

※小さい子供をお持ちの方は
裸足で歩かせることは大切だと思います。
擦り傷などのリスクはありますが・・

しかし構造的にアーチが
作られにくい状態になっていたとしても
アーチを作る努力は
シンスプに限らずスポーツ傷害を予防するうえで
大切です。

そこで今日紹介するのが
次のエクササイズです。

アーチだけではなく
太ももの裏のハムストリングという筋肉も
しっかり刺激できるこのエクササイズは
強度は高いですが
アスリート皆様はできてほしい
エクササイズです。

写真のようにローラーを縦にして
母指球、小指球をのせ
片足を上げた状態でブリッジします。

次に写真のように
かかとの上げ下げをします。
この時指は使わずに
母指球、小指球でしっかり押しましょう。

足がつりそうになった方は
次のエクササイズに切り替えて
行ってください。

それでは
健やかな足を作り
シンスプリントを打破、予防していきましょうね!

関連記事

  1. 今回も熱かった!!

  2. スポーツ傷害予防のために抑えて欲しいポイント

  3. 走る能力を上げるためのピラティスアプローチ

  4. 秋こそバランスを大切に!

  5. 体の勉強で見える不調をへらすためにやるべき事

  6. 緊張しすぎた時にやってほしい事