ひさしぶりに訪れた大学1年生

高校時代に来院していたT君は
春に高校を卒業し
さらに真剣に野球を
続けていました。

寮に入った事もあり
久しく顔を見ていませんでしたが
今月久しぶりの再会を果たしました。

この再会のきっかけは

肉離れです・・・

T君は太ももの裏の
ハムストリングという
筋肉を損傷したのでした。

病院にいきエコーでも
見てもらったようで
間違いありません。

現在は膝を伸ばすのも
痛いようで
安静第一で
超音波そして電流治療を行う段階です。
肉離れは重症度にもよりますが
完治まで2~6週はかかります。
もちろんその間は筋肉を使えないため
競技自体もストップしなければなりません。
怪我はほんとにもったいないです。

身体は鍛えていたT君ですので
運動不足からくる肉離れではありません。
ではなぜ肉離れがおきたのか?

T君に関していえば
筋トレの効果もあり確かに
筋力はアップしましたが
身体の使い方自体は以前と
変わらない状況でした。

そのせいもあり
増強した筋力で
太もも裏の筋肉にストレスが増え
耐えられなくなり
損傷にいたったのだと思います。

筋力を増強する事は良い事ですが
同じく大切な事は
筋肉の柔軟性を保ち
身体の使い方を効率的にする事です。

T君も股関節、背骨が
固い状態でしたので
筋力についていってなかったのではと
思います。

このように
あまり嬉しくない再会を果たした
T君でしたが
ポジティブにとらえて
この怪我を機会に
身体の使い方を変えていきましょうね。

まずは怪我をよくすることから!

関連記事

  1. 試合終盤で粘るために・・・

  2. サンデーブログでお送りします。

  3. 息吸いすぎていませんか?

  4. サンデーパナソニック特集

  5. お母様達こそ!

  6. いくのか?いかないのか?